投稿

2015の投稿を表示しています

NF2015 -- 最終日

イメージ
ごきげんよう。No.9です。
ようやくまとまった時間が取れたので、最終日の様子をお届けします。

 最終日は前日ほど人は来ないのかなと思っていたのですが、中々の盛況っぷりで大変驚きました。かなりこちらの人手が足りてなかった印象を受けました。しっかり対応できなかった皆さん、申し訳ありませんでした...もう少し1回生に手伝ってもらいたかったなぁ、というのが僕個人としての本音です。


  残念ながらこの日も僕はずっとUFOの運営にべったりだったので、教室の詳しい様子は分かりません。ところでUFOはというと、ばっちり動かしていました。



 UFOの集客効果は絶大です。何せ、吹き抜けにファンタジーの塊みたいなものが浮遊している訳ですから、違うフロアの人も沢山足を止めて眺めていました。これまで冗談抜きに地獄のような日々でしたが、やっと報われたと思えた瞬間でした。

 最後に終了して片づけを始める前に、今年のNFで各自が持ち寄ったロボット達で記念撮影。


こうしてみると、展示台数に対して説明する人数が明らかにおかしかったことを実感しますね...もう少し人員投入する必要があると思いました。

 少し話は逸れますが、片づけはあっという間に終わり、僕は四日ぶりに下宿にもどりました。しかし...荷物整理が終わって時計を見ると夜中の2時半。次の日は休みのハズですが大学の補講が1限(朝8時45分)から入っていました。下宿から通うことを考えても6時半には起きなきゃならない。でも、今寝たら確実に8時間は目覚めないとカラダが言っていたので、諦めて徹夜する羽目に...ホント、NFってオソロシイ。

 来年に向けて更なる改善点も見つかったことですし、来年はどうなるのか今から楽しみです。

~一日数台、機体紹介~
その①: 多脚ロボット Sechs


 とある三回生が一人で作った多脚ロボット。実は6脚になる予定だったらしいですが、間に合わなかった模様です。名前の由来はドイツ語で6を表す単語です。それでも最終日には4本の脚で前後左右に歩き、もう一本の脚(見た目からすれば尻尾?)もちゃんと動きます。最新のプレイステーション4のコントローラによって操作が可能です。

その②: 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間ヱヴァンゲリヲン 仮設初号機


 3回生の二人組、Project Aによる製作。上半身はヱヴァ初号機、下半身はヱヴァ仮設伍号…

NF_2015 -- 2日目 & 3日目

イメージ
皆さんごきげんよう。No.9です。
毎日更新すると言いながら一日遅れて申し訳ありません...

 遅れた経緯は後でご説明させていただくとして、NF二日目の様子から。
二日目、三日目は休日・祝日なので多くの方々にご来場いただき、大変盛況だったと思います。


 また、今年はキカイケン創立20周年ということで、毎年NF中に行われるOBの方々を交えた懇親会では初代会長から現役1回生までが勢ぞろいし、改めて京大機械研究会の歴史の長さを実感すると共に、この歴史を継いでいくことに対して身の引き締まる思いでした。懇親会後は年代問わずに夜の校舎に舞うUFOキャッチャーで遊んだりし、とても楽しい一時を過ごしました。

  ...と書いてしまえば、全く負の要素が見えないのですが、僕が担当しているUFOキャッチャーに関しては修行の道そのものでした。まず、先日のブログ更新後、調整中にUFOがネットに落下。結局ネットを半面張り直すことに。その後もウィンチの不調であったり、原因不明のエラーに悩まされたりと次々に問題が生じ、結局この二日間徹夜に...食べる時間もほとんどなく、まともな食事は1日1食と完全に生活リズムが破壊されてしまいましたが、それと引き換えに今日漸くほぼ安定稼働させることが出来ました。多くの方々、特に小さな子供たちに楽しんでもらえたようで、少し肩の荷が下りました。



 僕はウィンチのチェックで4階に上がっていることが多かったので、そこからコントロールブースを眺めた景色が上の写真になります。多くの観客が集まる中、僕たちはどこかで不具合が現れるんじゃないかと半分ヒヤヒヤしながら運営していたというのが本音ですが、やはり動いているUFOは当事者であっても面白く、個人的には僕らが機械研究会の象徴のように目に映りました。

明日は最終日です。気を抜かないように頑張ろうと思います。

~一日数台、機体紹介~

その①: アニマリス・アルミナス&アニマリス・ジュラファ


 テオ・ヤンセン氏に感銘を受けた二回生が敬意を表してアニマリスシリーズとして製作しました。テオ・ヤンセン機構を搭載したアニマリス・アルミナス、ラジオコントロールにより自在に動くアニマリス・ジュラファの二体が確認されています。もしかしたら今後も増えるのかも?

その②: 永久コマ


 三回生が製作しました。長いときは半日程回り続けます。途中で素子が…

NF_2015 --1日目

イメージ
ごきげんよう。No.9です。
今回は十一月祭の1日目(11月20日)の様子をお届けします。

 昨日からの徹夜によりクタクタになっていますが、気を取り直して展示スペースの整頓を急いで行い、10時に開場。流石に平日の午前中は人が少ないですね...




毎年1日目は平日であることが多いので、こんな感じです。展示スペースを整理したと申しましたが、犠牲となっているのがブルーシートの後ろ側で...


 まだ現時点では物が少なく感じられます。しかし、いつも最終日にはかなり大変なことになります。
 僕はというと、完徹のまま対応していたのですが、UFOキャッチャーの不具合への対応により力を使い果たした為に昼間の2時間半程眠っていました。そしてもうそろそろ初日が終了する17時頃、目覚めると大変大勢のお客さんがいらしてくださっていたので、驚きました。


 初日からこんなにも多くの人に見ていただくことが出来て、とても嬉しく感じました。


...しかし、UFOの不具合は全く改善されず、今夜も徹夜かぁ...明日以降が思いやられますね。
今回はこんなところで。また明日、お会いしましょう。

~一日数台、機体紹介~

その①: ライントレーサー


 毎年1回生に作ってもらっているライントレーサーです。合同ロボコンにも出場、多数が完走しました。ただ、その都度持って帰っている人もいるので、写真に写っている機体は少なめです...

その②: HYDRA type.n (三脚ロボット)


 3回生の作った三本足のロボット。奇数の脚がヒドラの触手に見えたらしくその名が付きました。
特有の当方的な動きをします。



 このように期間中に展示しているロボット達を少しずつ紹介していきたいと思います。
 (No.9)

NF_2015 -- 0日目?

イメージ
ごきげんよう。No.9です。
予告通りNFの前日の準備の様子をお伝えしたいと思います。

 11月19日、十一月祭の前日、講義が全て終了した18時から準備作業が始まります。
まず、各自の荷物を展示教室に運びこみます。


最初はこんなにスッカラカンですが、直ぐにカオス状態へと遷移していきます...
 人数が集まり始めたところで、吹き抜けにUFOキャッチャー用の安全ネットを張ります。



 このように1階でネットを広げ、上から引っ張りあげて柵に固定していきます。この時点でもう20時になっていますが、まだまだ序の口です。
 張り終えると、各自担当ごとに取り掛かります。僕はUFOの係なのでセッティング、及び調整をしていたのですが、ふと時計を見ると午前2時を回っていました...さらば終電。
 教室のほうも複数名が作業を進めていました。



...前日はもう完徹は覚悟しています。去年、一昨年から学習しました。  一区切り付いたのが午前6時。今年も完徹達成ですねぇ。数名残っていますが、まだ始まっていないにも関わらず疲労感が滲んでいます。頑張れ...

 というわけで第0日目(準備)の様子について紹介させていただきました。 明日(というか今日ですね...)も何とか更新したいです。
 (No.9)

もうすぐNF...

ごきげんよう。No.9です。

 ブログの更新が遅くなって申し訳ありませんでした。
そろそろ下回生が書いてくれるのかな、と思っていたのですが、
まだまだ僕が書かないといけないみたいですね...

 さて、いつの間にか季節も秋になり、京都大学の11月祭(通称:NF)まで残すところあと僅かとなりました。
今日も含め、多くのメンバーが夜遅くまで残って精力的に活動しています。
今年は、NFと時期が同じであるマイクロマウス全日本大会にも現役生が参加しますし、
次で6年目を迎える「あの機体」も大幅モデルチェンジの途中です。
他にも様々な展示物が並びそうな予感がします。
ネタバレ防止の為に今日は写真はありません。ご了承ください。

 今年は京大機械研究会が設立してから20年の大事な節目の年にもなります。

そこで、

       NF前日から期間中にかけて、毎日ブログを更新したいと思います!!


毎年どのように僕たちがNFを過ごしているのか、少しでも伝われば幸いです。

 今年は11月20日(金)~23日(月)、吉田南総合館北棟の共北25にて展示を行います。


   (No.9)

キャチロボバトルコンテスト2015

イメージ
皆さんごきげんよう。
およそ3か月ぶりとなります、No.9です。

 今回は去る9月13日に行われました、キャチロボバトルコンテストについての御報告です。






 キャチロボバトルコンテストについてあまり馴染みのない方のために簡単にご説明させていただきます。キャチロボバトルコンテスト(以下キャチロボ)は、ロボットのハンドリング技術を競う大会で、例年お菓子のパッケージ(ワークと呼びます)を制限時間内にどれだけ多く集められるかを競います。ただし、ワークを傷つけると減点となり、このワークの破損判定が毎年結構厳しいんですよ...

 今年のワークは「カントリーマアム」だったのですが、敵味方両者が入りそこにあるワークを取ることが出来る共通エリアが下と上の二か所あり、上にある共通エリアにあるワークは「カントリーマアムプレミアム」という別形状のパッケージで得点も通常の二倍という、二種類のワークにどう対応するかが焦点になりました。

 今年はスポンサーである京都製作所の本社が会場になりました。参加チームは30チームになり、大会史上最大規模になり大いに盛り上がりました。次の写真から参加チームの多さが窺えるかと思います。




 そして、僕たちが大会のために作り上げた機体がこちらです。


 機体名は「TRI-chan(トリチャン)」です、また京大らしい名前というか、なんというか... 前後左右と、斜めに上下し、瞬く間に一個目のワークを取得するコマンド「アルテミス」を発動させる一個どりのアームと、共通エリア上側の「プレミアム」ワークを薙ぎ払いシューティングボックスへ回収する二台の合計三台体制をとっています。この「トリプル体制」に加え「翼を広げた鳥の姿」、「ワークを取る」というトリプルミーニングでこのような機体名になっています。
 練習時に撮影した動画がこちらになります。



 おおよそ1個目のワークを取るのに2秒かかるかかからないかで、5秒で9点を獲得するという、可愛らしい名前とは裏腹に割と「えげつない」機体になってますね...
  今年のキャチロボは参加チームが増えたこともあり、今まではなかった予選が行われました。 予選の相手は長岡技術科学大学さんでした。長岡さんと言えば何回か前の優勝校ですし、毎回上位に食い込んでくる強豪校。よって予選突破は難しいかと思われましたが、長岡さんの機体のエラーという運に助けら…

部内ロボコン2015 "Over the Bridge ~橋の向こうへ~"

イメージ
ごきげんよう、No.9です。
去る6月21日の日曜日に、部内ロボコンを開催しました。

 今年は例年通りのライントレースではなく、僕たち上回生が考えたロボコンに新入生二人一組で挑んでもらいました!

 その名も、"Over the Bridge ~橋の向こうへ~"。いかにも有りそうなネーミングですが...




 簡単にルールを説明しましょう。ロボットが立方体のワークを集めて橋を作り、制限時間内にワークを集められた数をポイントにして競います。ただし、ワークを集めて作った橋を渡るとポイントが二倍に!橋を渡るタイミングが鍵となります。(ただし、レギュレーションは甘く設定しました。)

 今年は新入生が多く入会し、皆が意欲的に取り組んでくれたため、計6チームが参加してくれました。
機体もチームによって様々で、ワークを持ち上げて運ぶもの、ワークをブルドーザーの如く押して運ぶもの、中にはワークを揃えて一気に整然と置けるように機体形状を工夫したものもあり、大変盛り上がり楽しいロボコンになりました。多くの機体が橋を渡ることが出来たので、少しは自信も付いたことでしょうし、彼らにはいい経験になったのではないか、と思います。


新入生には今後は合同ロボコンに向けてライントレーサーを作ったり、各自が作りたいものに取り組んでもらおうと考えていますが、この経験を糧に積極的に活動してくれることを期待しつつ、今回はこのあたりで筆を置かせてもらいます。

 では、またの機会でお会いしましょう!

 p.s. 気が向いたら、かつ時間があったら、今回のロボコンの模様をYouTubeにアップロードするつもりです...

  (No.9)

キカイケン登山部?「比良山系武奈ヶ岳」

イメージ
ごきげんよう。
暫くぶりの投稿となりました、No.9です。(紛らわしいですがNo.9.1とは別人です...)
今日はキカイケン全体としての活動ではなく、
その内部組織である「キカイケン登山部」の活動報告です。

 キカイケン登山部は去年からぼちぼち活動していましたが、今回は日頃の運動不足の解消も兼ねて、キカイケンの主要メンバーで滋賀県、琵琶湖西側に位置する比良山系の武奈ヶ岳(1214.4m)に登ってきました。

 葛川坊村方面から登り、武奈ヶ岳を目指しました。最初の方は急登が続きました。

一時間くらい登ると、次第に空が見えるようになってきました。まるで稜線を辿っているかのような感覚です。

 丁度中間あたりまで来たところで、ワサビ峠の標識を発見しました。ここまでくると快晴の青空が完全に現れました。
最後は正真正銘稜線の上。解放感に包まれながら頂上を目指しました。

 登ること約3時間、遂に登頂。いい天候に恵まれたため、琵琶湖の向こう側まで見ることが出来ました。頂上にてパーティ全員で記念撮影。 下りは北比良峠を経由し、イン谷口方面に下山、JR比良まで歩きました。登りとは異なり、同じような道が続きましたが、北比良峠では琵琶湖の絶景に出会うことが出来ました。


 キカイケンというと、かなりインドアなイメージをお持ちだった方も沢山いらっしゃることと想像されますが、実はこのように、有志はアウトドアも結構やっています。意外なキカイケンの一面をご紹介できたかと思います。

 それでは今回はこのあたりで。また次回お会いしましょう。

(No.9)

新歓ロボット2015

イメージ
みなさん、ごきげんよう。
No.9.1です。

 今回は2015年度新歓用に作った時計台ロボットについて紹介していきます。京大時計台をモチーフにしつつ、縦横無尽に走行し、ちょっとしたカラクリで人をあっと言わせる、その名も<京大ウォッチ>!


 製作過程をちょっと紹介

1. まずは3Dcadを使って設計


2. いよいよ加工&組み立て

3. 外装を施して魔法をかけたら、はい完成!

そしてこれが<京大ウォッチ>の秘密兵器です!
なんと、時計台の中からハト(という名のセキセイインコ)が飛び出します!!!

  そしてついにロボットをお披露目するビラロード当日〜


わずかな間でしたが、一応ロボットを動かすことができました。 反省すべき・も多々ありましたが、それは次回に生かすということで...
では、またお会いしましょう〜


3Dプリンターがやってきた。

イメージ
ごきげんよう。
No.9です。

 この度、有志メンバーからの出資によって
3Dプリンターを導入しました。

 今回購入したのはBS01+のPLA/ABSのモデルです。


 組み立てた当初はハード、ソフト面ともになかなか思うようには動いてくれず、
かなり苦戦していましたが、何とか上手く動かせるようになりました。

 試しにネット上からデータを引っ張ってきて、蛙を印刷してみたのが下の画像です。
フィラメントはPLAです。


 積層ピッチは0.3mmなので、もう少し表面を滑らかにできるんですが・・・
キカイケンで使っている3DCAD(Inventorなど)からstl方式のファイルにすることも容易で、
これからの創作の幅が一気に広がりました!

 今回はこんなところで。

(No.9)

新歓ロボ製作中!

皆さん、ごきげんよう。
No.9です。
 暫く更新まで時間がかかってしまい、すみませんでした・・・

 只今、キカイケンでは今の一回生(もうすぐ二回生ですけれどもね・・・)が中心となって
新歓用のロボットを製作しています。

 去年は変形するロボットでしたが、今年は京大ゆかりの「アレ」をモチーフとした、大型ロボを製作中です。僕たち上回生は概要しか教えてもらってないので、いったいどんなモノができるのか、
非常に楽しみにして待っているところです。(何かギミックでも付くのだろうか・・・?)

 ちなみに上回生の方では、京大正門前の道に置く「立て看板」を新調しました。

 最近、昔の立て看板が行方不明になっていたため、キカイケンがあまり認知されていなかったようで・・・、新規に作りました。
 新歓期と十一月祭(通称NF)には正門前の通りの「どこかに」置かれているハズなので、是非探してみてください。


   (No.9)