投稿

9月, 2012の投稿を表示しています

合同ロボコン!

イメージ
9月18日(火)に合同ロボコンが開催されました。

関西圏の大学のロボットを制作している団体が集まり、技術を高めることと交流を深めることを目的としたロボコンです。
昨年までは機械研が主催でしたが、主催校を回すことになった今年は立命館さんの開催で、立命館大学びわこくさつキャンパスで行われました。

参加校は京都大学、大阪大学、京都工芸繊維大学、立命館大学、同志社大学の5校です。
それぞれ個人、またはチームで初級者も上級者も制作を楽しめる「ライントレーサー」と呼ばれるロボットを制作し、フィールドに白線で描かれたコースを自律的に走る速さを競いました。
個性的でおもしろいロボットが次々と登場し、おおいに盛り上がりました。


今回使われたコースの写真です。



競技は「一回生の部」「上回生の部」「院生の部」にわかれており、各部ごとに走行タイムによる1~3位が入賞し、また、全体の中で優れたアイデアが光っていたものに「アイデア賞」が送られます。

機械研からは「一回生の部」に4機、「上回生の部」に二回生から1機が出場しました。
一回生にとっては初めて一人でつくったロボットであり、初めてのロボコンになります。

二回生から出場の「にぃ」は二足歩行でのライントレースに挑戦しました。
タイヤで走るトレーサーに比べてスピードが出せず完走することはできませんでしたが、そのひょこひょこと歩く様子に会場がわきました。


さて、機械研からはタイムによる入賞者は出ませんでしたが、一回生の部に出場したライントレーサー「JITEN」が投票によって選ばれ、アイデア賞を受賞しました。
一般的なライントレーサーは前方にラインを認識するセンサーを横にならべ、そのうちどのセンサーがラインを認識しているかによって機体とラインとの位置関係を把握します。
ところがこの「JITEN」、そのような方式ではなく全く別の方法でラインを追従したことが評価されました。
これからその方式について説明します。

こちらがそのJITEN。


裏はこんな感じになっています。

オレンジの○で囲ったのがラインを見るセンサーです。
緑の○で囲ったねじはセンサーより少し出っぱっていて、2つのタイヤとこの2本のネジの頭で機体を支えています。

そして、実際に動いているところの動画がこちらになります。
これは学校で撮影したものです。

名前の“JITEN”は惑星などの“自転…

マイクロマウス中部地区初級者大会!

イメージ
9月2日(日)に名古屋でマイクロマウス中部地区初級者大会が開催されました。

機械研からはマイクロマウスクラシック、ハーフにそれぞれ1名が出場、クラシックはリタイア、ハーフは初級者でないということで参考出走になりました。

詳しい結果はこちら

初級者大会ということで、和気藹々と競技を楽しみつつ、ロボットに関する情報を交換したりして、充実した時間を過ごすことができました。

マイクロマウスハーフのほうは動画がありますのでご覧ください。




(y.m)