投稿

2014の投稿を表示しています

NF2014

イメージ
ごきげんよう。No.9です。
今回は11月21日~24日に開催された11月祭(通称NF)のご報告です。
 今年は去年よりも多くの人にお越しいただき、本当にありがとうございました。 無事に盛況のうちに終えることができました!
 出来る限り展示していたロボットの解説はさせていただいたつもりですが、あまり時間が無くて聞くことが出来なかったかたもいらっしゃったと思いますので、改めてそれぞれの説明をさせていただこうと思います。



 今年、多くの人に好評でした、キャチロボバトルコンテストに参加した機体です。一部改修した状態での展示となりました。様々な方に動かして遊んでもらいました。
 しかし、もとは短期決戦のための機体、NF最終日の午後に入って正常に動かなくなってしまいました…
 最終日に来て下さったのに動かせなかった方々、本当にすみませんでした。
 詳しくは今年のキャチロボの記事をご覧下さい。



  ブログ等の外部には初のお披露目となりました、今年の新歓用の可変式のロボットです。
吉田南構内を暴れまわって(?)いたと思います。結構Pepperと間違われていましたが…
変形後は下のような六輪の車になります。


 新歓の時期と違って多くの人に見てもらうことができました。途中で足回りの部品が壊れるというハプニングもあったものの、無事、四日間動き回ってウチの広報に貢献してくれました。

 自律式のように見えた方もいらっしゃったと思いますが、実は無線で動かしていました。どこかに操縦者が隠れていたのですが、気付かれたでしょうか?







 毎年恒例となっています、イライラ棒です。今年は1面しかありませんでしたが、史上最凶の難易度をほこり、クリア者はなんとスタッフの中のたった二人のみ!出来てから、正直難しすぎたことに気づきました…来年は少し難易度が下がる、ハズ…



四回生の方が作った、カメラの映像をWi-Fi経由で見ることのできるロボットです。
スマートフォンやタブレット、パソコンからでも見ることができます。
本体の操作はBluetoothで、スマートフォンのアプリケーションによって行います。



 三回生の方が作った四足歩行のロボット、「アーサー」です。
去年からのプロジェクトで、マイコンはSTM、全身16軸の本格派です。
PCのキーボード操作で前進、後退、旋回が可能です。
ダイナミックな動きが好評でした。



NFに向けて

ごきげんよう。
No.9です。

 いつの間にかもう11月!ということで、
ただいま各自NF(京都大学11月祭)に向けて鋭意製作中です。

 この三連休も多くのメンバーが夜遅くまで活動に励んでいます。
もうそろそろラストスパートをかけていきたいところです。

 今回はネタバレになってしまうので、写真等は紹介できません。
ご了承ください。

 全員の製作物が間に合うかは僕には分かりませんが、
NF期間中には多くの作品が並ぶ予定ですので、
ぜひ見に来てください!

 NF期間中(11/21~11/24)に展示を行う教室は吉田南総合館北棟、共北25になります。

 (No.9)

マイクロマウス中部地区大会2014

イメージ
こんばんは。
機械研3回生のたけもりです。

10月26日に行われた、マイクロマウス中部地区大会に参加してきました。
機械研からはロボトレースの部に僕、
マイクロマウスハーフサイズの部にM1の松井さんが参加しました。
そしてハーフマウスチャンピョンであるOBの小島さんも参加されました。

まず僕のロボトレースの報告、そのあとにマイクロマウスの観戦レポートを書きたいと思います。


☆ロボトレース編 ロボトレースではコースに沿ってロボットを走行させ、その速さを競います。
そのコースというのは白線であり、ロボットはセンサーによってその白線を見分けて走行します。
走行中は外部からの操縦は一切しません。
3分間の間に3回走行でき、もっともタイムの良かったものが採用されます。
そのため、1回目の走行においてコースの形状を記録し、2回目の走行からは記録したコース情報をもとに「直線で加速、曲線で減速」するなどして高速走行を目指します。

僕は昨年製作したOmnimO(オムニモ)の進化系であるOmnimO-2(オムニモ ツー)で参加しました。
このロボットはオムニホイールという特殊なタイヤを使用しており、全方向に向きを変えずに移動することができます。
そして全方向に合計48個ものラインセンサを備えているため、向きを変えずにラインに沿って走行することができます。
その性質を活かし、ショートカット走行を成功させることを目指しています。

今大会本番の動画がこちらです。



今大会ではまだまだ力不足で、二次走行を成功させることができませんでした。
家で床に敷いた練習コースとは違った、このような長いコースで走らせるのは貴重な機会になります。
成績は残せませんでしたが、収穫はたくさんあったので次の学生大会にむけて精進します。


☆マイクロマウスハーフサイズ編 マイクロマウスというのは小型のロボットが迷路を解き、ゴールにたどり着く速さを競う競技です。
想像よりさらに小型です。
それには初期のルール通りである「クラシックサイズ」と、その全てを1/2サイズにした「ハーフサイズ」とがあります。
序盤に迷路全体の探索を行い、ゴールまでの最短経路を考えます。そしてその最短経路に従ってすばやく駆け抜け、より高速でのゴールを目指します。
これまた想像よりすばやくです。
7分間に5回走行することができ、もっとも速いタイムが採…

合同ロボコン2014

イメージ
ごきげんよう。
No.9です。

 9月13日に大阪大学吹田キャンパスで開催されました、
合同ロボコンに参加してきました。

 といっても、
僕は大学の実習のおかげで機体を作る時間がなかったので、
ただの付き添いだったのですが…

 合同ロボコンとは
新入生の発表の場として、また、
大学どうしの交流のために
毎年関西圏の大学が集まって行われている
ライントレースの大会です。



 今年は一回生二人、二回生一人、三回生一人が出場、
前日徹夜して、当日会場で走る状態にしないといけない人が複数名いたり(!)、
外乱光(センサに影響を与える会場の光)の影響に四苦八苦したりと苦労しつつも、
なんとか全員完走することができました!

 それぞれのメンバーが良い経験を積めたのでは、と思います。

 僕も見ていて不覚にも「ライントレーサつくりてーなぁ」と思ってしまいました。
(よし、NFまでに一台作るか!)

 今週末にはマイクロマウスの関西地区大会があります。
キカイケンからも僕の友人が出場するので、陰ながら応援しています。
なにげにまだ我々の夏は終わりそうにありません(笑)

それでは今回はここらへんで。さようなら。

p.s. 近日中にyoutubeに今回の動画をアップしたいなぁ、と考えています。
   そちらの方もよろしくお願いします。

(No.9)

キャチロボバトルコンテスト2014

イメージ
ごきげんよう。

  今年のキカイケンブログ担当のNo.9です。
 しばらく更新できてなくてすみませんでした…

  さて、去る9月6日に京都工芸繊維大学にて開催されました、
 キャチロボバトルコンテストに出場してきました。

 今年のお題は「コアラのマーチ」
今年から自陣のワークを最低一個取ってからではないと共通エリアに入れないことに。
それでも「一列一気に取りたい!」と欲張りに考えた(笑)、我々のマシンがこちら。



機体名は「イッチー&ナナコのキャッチングマーチ」
…なんかそのまんまですね(笑)
一つのワークをつかむのに特化したロボット、イッチーが手前のワークを素早く折れ曲がってつかみシューティングボックスへ。
すぐさま共通エリア目前で待機していた、一列すべてのワークをつかむロボット、ナナコが共通エリアのワークを総取りするという、
割とすごく(?日本語がおかしい…)大変なことを実現させました!
イッチーは完全自動制御、ナナコは半自動です。
イッチーとナナコが途中で干渉しないようにするのに
だいぶ苦労したんですよ。

 大会二日前あたりには上の動画のように動いていたのですが、
前日の夕方に突然狂い始め、徹夜でなおすことに…
結局エラーを完全に払拭できず、操縦士の過度な疲労もあって
初戦で敗退してしまいました。

 しかし、他大学のロボットを見るまたとない機会であったので
我々とはまた異なった様々なアイデアを学ぶことができ、
これからの我々の活動に良いインスピレーションを与えてくれました!

 あっちゅうまに九月になり、NF(11月祭)まで時間がなくなってきたので、
みな準備を始めているところです。今年はどんなキカイがうまれるんでしょう?
(当事者の一人であるはずの)僕も楽しみです。

 では、このあたりで。さようなら。  

(No.9)