投稿

部内ロボコン2017

イメージ
どうもweb係(ブログ係?)のMです。
 部内ロボコンが6月18日に開催されました。このままテスト期間に移行して放置状態になる前にブログを書いておこうと思います。今年もたくさんの新入生が入ってくれて楽しんでくれたと思います。また僕たち上回生も見ていてとても楽しませてもらいました。徹夜で完成させるチーム、機体が母艦と子機に分かれている探査機のような機体を作ったチーム、ワークを投げることができるチームなど、やっぱりチームごとに個性があふれているなと思いました。

今年のルールは去年の部内ロボコンのルールに加えて我が機械研の公式マスコットロベルタを特定のエリアに入れたら5点が追加されるというものです。

今年のルール:(ざっくり)
・フィールドのワークを集めてワークエリアに入れるとワーク一1個につき1点が入る。
・また橋をフィールドのワークを取って橋を補完して渡るとワークの点数が2倍になる。
・追加課題としてロベルタを特定の場所から、ロベルタエリアに入れると5点が追加される。
・点数が同じ場合にはタイムが早いほうが順位は上とする。(制限時間は5分)


今年の機体を紹介していきます。
①Aチーム
 スタートエリアいっぱいに収まる機体。母艦の上に子機が2台乗っており、スタート同時に射出されて、左右でワークをエリアに押し込んだ後は子機についた磁石でロベルタを回収して子機ごと紐で母艦に回収して橋を渡ります。
1台のコントローラを2人で操縦していたので操作がとても大変そうでした。
機体名はその名も「空母カールビンソン」



②Bチーム
  取る機構が独特なチーム。リンク機構で上手にロベルタを羽交い絞めするようにつかめます。ロベルタ「く、苦しい...」


③Cチーム
徹夜で完成させたチームです。本来はテオヤンセン機構で歩く機体だったようですが、諸事情によりこの機体に。機体名に僕の名前を付けてくれました。徹夜でデバッグ手伝ったかいがあり、うれしかったです。




④Dチーム
 ロベルタを取る機構がどこも個性的でした。このチームは布を上昇機構に使ってました。しかもタイヤ間距離が4センチしかないためワークがなくても橋をわたることができます。旋回速度が半端なく速かったです。4センチの橋を4センチのタイヤ間距離でわたって
いましたが相当練習したのだと思います。


⑤Eチーム
 今年の優勝チームです。つかむ…

新歓終わり!!

イメージ
web係のMです。
長らくブログが放置状態ですみません。
新歓は4月27日に終わりました。初週は20人くらい来てくれた日もあり、一時どうなるかと思った時もありました。
今年もたくさんの新入生が入ってくれました。
遅くなりましたが今年の新歓ロボの紹介をしたいと思います。


【メカクジャク(写真手前)】
メカクジャクです。羽を大きく開きます。
羽を開くのは後ろから見てわかる通り、傘を開く要領で直動機構で羽を広げます。(画像を後で追加します)
また首がサーボで動きます。ビラロードでたくさん新入生をつついていました。また足回りもついているため、ビラロードで移動してお披露目することもできました。

【巨大LEDキューブ(写真奥)】
1m四方のアクリル板にフルカラーLEDがマトリックス状についてます。
たくさん穴あけする箇所があり(8x8x6面=384箇所)、また配線もこんな感じです。
(画像を後で追加します)
春休み中連日徹夜で作業をしていたLEDキューブ班の闇を僕は垣間見た気がするのですが.....
音楽を入力後、AD変換してLEDキューブの色を変えます。

さぁこれからは今年のキャチロボと部内ロボコンに向けての準備です。
今年から部内ロボコンのルールが変わります。なんと機械研の公式(?)マスコットのロベルタがワークとして登場します。
去年のルールが某新入生の持ってきたブルドーザーに簡単にクリアされてしまったので、今年から対策が講じられることになりました。

では次は部内ロボコンの時にお会いしましょう。




マウス迷路完成

イメージ
どうもweb係りのMです。
 今日はマイクロマウスの迷路を組み立てました。
9x16の迷路です。下穴を拡張するために170箇所ホールソーでドリル穴を開けました。



完成!(^^)!   迷路を試作してみたところです。とてもいい具合です。
     某先輩が試走してみたところです。

  マウスのコースは大変高価なもので我々現役生の力では購入することが難しかったのですが、OBさんの方々の支援で購入することができました。これからマイクロマウス大会での結果の向上に向けて頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。



春休み来る

イメージ
どうもweb係りのMです。
試験期間もようやく終わり春休みです。皆さんいかがお過ごしでしょうか?
OBさんの支援によりマイクロマウスのコースを買うことができました。
大変高価なものでしたが支援して頂き本当にありがとうございます。
マイクロマウスの壁を収納する箱を作ってほしいと言われたのでマイクロマウスの
壁を収納する箱を設計したのですが、、、、

御覧の通り収納したときのクリアランスを考えていなかったため、本来の収納の仕方で
収納すると入りません。(そらそうだ)というわけで本来の収納の仕方ではない仕方で収納されています。。。

マイクロマウスも鋭意製作中です。

今の時期、皆さん帰省してるのかあまり来てくれません....
もっと来てほしいです..(泣)
これから新歓に向けて新歓ロボの製作を1回生には頑張ってもらいたいです。



NF2016 

イメージ
お久しぶりです。web係のMです。
今年は11月19日から11月22日までの開催で機械研はロボットの展示を行い、大変多くの方に来て頂き、盛況のうちに終えることができました。
初日の様子です。
さすがに開けて午前10時から来られる方は少なかったですが、土曜日だったこともありお昼ごろにはたくさんの方がこられていました。



初日の様子
今年は事前の準備が万端だったこともあり、ufoが初日から無事動いてくれました。
展示物の紹介を行っていきたいと思います。

①キャチロボ機体
 今年のキャチロボ出場機体です。NF展示用に単機操縦に作り替えられました。

②イライラ棒
 例年は鬼難易度でしたが、今年はなぜか簡単に..クリア者が続出(例年比)しました。と言っても10人いたかどうかというレベルですが。

③ガトリング砲
 1回生製作。ガトリングの機構を再現したものです。一切電子回路を用いずに回転だけで連続発射できるというすばらしい作品です。
④ライントレーサー
 毎年一回生に新入生の練習としてつくってもらっているロボットの展示です。
⑤自作CPU
 1回生製作。裏の配線がすごいことになっていました。

⑥ロボットアーム
 3回生が製作しました。サーボによる関節を組み合わせてロボットアームを作ってものをつかみます。
⑦画像認識ロボットpepa
 4回生製作。赤いものをカメラで認識して追尾します。

 私は今年はUFOの運営をしてあまり機械研の展示自体のほうには参加することはできなかったため写真を撮るのを忘れてしまったものが多いです。すみません。
 UFOキャッチャーのことについて書いていこうと思います。


今年のUFOキャッチャーです。前日から無事に動いてくれてよかったです。今年もたくさんの方に興味を持っていただき、ufoの集客力はすごいなと思いました。後ufoの動作時間としては最長を記録したのではないかと思います。


今年も無事NFを終えることができました。ではこの辺で....

マイクロマウス中部地区大会

10月23日に名古屋工学院専門学校で開催されていたマイクロマウス中部地区大会に参加してきました
web係りのMです。

中部地区大会では3回生1人、4回生2人が出走予定でした。
しかしながら、4回生が機体を電車内において来てしまうというハプニングが起きたため、1人は棄権、私(3回生)は機体が完成せず、またもう一人の4回生は順調に出走はしたものの、まさかのプログラムエラーでゴール直前で止まるという結果になってしまいました。


マイクロマウス中部地区大会は完成度が高い機体が多く出場しており、見学していた私もモチベーションをあげられました。


もうすぐNFですね。

関西地区新入生合同ロボコン

連投稿となって申し訳ありません。web係りのMです。

関西地区合同ロボコンについて書いていこうと思います。

10月2日日曜日に京大の吉田本部キャンパスにできた新しい建物イノベーション棟1階学生ラウンジにて関西地区新入生合同ロボコンが開催されました。
今年は持ち回りで京大が開催となりました。
 例年のことながら、前日から完成させようとする新入生がちらほらと.....また私も人のことは言えま
せんが前日準備組で玄人の部(上回生の部)で出場しました。
 今年は出走した1回生は6人。新入生講習で作ってもらったマイコンボードでトレーサーを作成してもらいました。
 結果ですが、上回生の私がタイムに残せていないなか、ほとんどの1回生部員が完走して結果(タイム)をきちんと残せていてさすがだなと思いました。また玄人の部では2回生が一人、4回生が2人、出走しました。 2回生のトレーサーは今大会で見事最速でゴールし、優勝しました。素晴らしいです。


次は、マイクロマウス中部地区大会に参加した話を書いていこうと思います。