投稿

11月, 2013の投稿を表示しています

NF2013

イメージ
11月21~24日の京大11月祭(NF)にて機械研は多数のロボットの展示を行いました。大勢の方に興味を持っていただき、盛況のうちに無事終えることができました。


今年のキャチロボバトルコンテストに出場したロボット「とれ太」。ローラーでポッキーを巻き上げる実演は多くの方々を惹きつけました。(大会後のこちらのブログもどうぞ)



2人の3回生が製作した二足歩行ロボット。LEDマトリクスで顔を表示して自動歩行するほか、ひずみゲージで指の曲がりを読み取る手袋を使って操縦できます。


2回生が1人ですべて作り上げた4足歩行ロボット。重厚感のある前進をします。


同じく2回生が製作した4足歩行ロボット。こちらはクモのような動きで、全方位への移動が可能です。


3人の1回生が製作した二足歩行ロボット。調整を重ね、手を振りながら前進できるようになりました。


1回生のライントレーサー。各機体に工夫があり、滑らかにラインに追従する走行が好評でした。


自作の電子回路を組み込んだラジコンフェラーリ。ヘッドライト、ウインカーが点きます。


恒例の高難易度イライラ棒。今年のコースは短くなりましたがスタッフ以外のクリア者は10人足らず。連日人だかりができました。


今年は2足・4足歩行ロボットに取り組む現役生が多く、NF直前および開催中に徹夜の調整作業が続いたメンバーにとってハードな4日間でしたが、例年に増して精力的な活動をアピールできたと思います。

(s.m)

合同ロボコン2013

イメージ
こんにちは、2回生のたけもりです。

10月26日、今年も合同ロボコンが開催されました。
1度は台風で延期になったものの、今年の開催校である同志社のロボット研究会のみなさんの尽力もあって今年も非常に有意義な大会となりました。

合同ロボコンと言うのは京都大学、大阪大学、京都工芸繊維大学、立命館大学、同志社大学のロボット系サークルおよびプロジェクトで集まり、ライントレースのの大会を開いているものです。
競技のルールは1回生向けに設定されており、新人教育の課題や成果の発表の場として活用されています。
また大学間の交流の場としての役割も大きく、競技後には懇親会も行われています。

京都大学からは1回生5人と2回生1人(僕です)が出場。
1回生は延期前の日程に合わせて調整したのち、今回に向けての調整を怠っていたため、時間経過や運搬時の振動などで状態が悪化。直前の調整でかなり苦労することになりました。
はんだづけの技術などがまだまだ足りないことを痛感することに。

結果は1回生は3人完走、そのうち一人が1回生の部3位に入賞しました。
また僕は2回生の部で2位に入賞し、ユニークなロボットに贈られる「ユニーク賞」もいただきました。

1回生では残念ながら完走できなかった人もいたものの、調整で苦労した経験などは今後に生きることでしょう。

写真は表彰式の様子です。


また、合同ロボコンでユニーク賞をいただいた僕のロボット「OmnimO」は、翌日に名古屋で行われたマイクロマウス中部地区大会のロボトレースの部でも特別賞を受賞しました。
周囲に40個ものフォトリフレクタをつけ、オムニホイールを用いた全方向移動機構で「向きを変えずにライントレース」する独特のロボトレーサーです。

次のイベントは京都大学の11月祭です。 機械研では教室展示と、毎年恒例となっている巨大UFOキャッチャーをやります。
メンバーは教室展示に向けたロボット製作に