投稿

9月, 2013の投稿を表示しています

キャチロボバトルコンテスト2013

こんにちは。
2回生のたけもりです。
我々機械研では、内部で5人のチームを結成し9月8日に立命館大学の会場で行われたキャチロボバトルコンテストに参加してきました。
結果は17チーム参加の内、ベスト4に輝き、さらにユニークな発想による機構とそれを実現したことを評価していただき、審査員特別賞をいただきました。
今回の記事ではこのキャチロボに向けた機械研の取り組みについて書きます。
個人の活動とチームの活動を両立させている機械研ですが、チームで参加するロボコンとして昨年までの9年間はレスキューロボットコンテストに出場してきました。 レスキューロボットコンテスト自体はその目的、規模、取り組みにおける技術向上の期待値などといったあらゆる面ですばらしい大会です。 機械研はそこに「キネクトを使ったマスタースレーブ」という非常にユニークな技術の実現に挑戦しながら参加しており、毎年応援の声をいただいていました。 しかしながら、機械研の人数の少なさや活動規模、さらには機械研内でのマンネリ化も否めない現状を考慮し、今年はレスコンへの出場をやめることにしました。少ない人数で3台を完成させるのはなかなか難しいところがあります。 そこで、今年はそのような現状を打開すべく、戦いの舞台をキャチロボに変え、心機一転優勝目指して製作に取り組みました。
キャチロボバトルコンテストのルールは毎回変わります。 今年のテーマはポッキーでした。 フィールドに7列の溝があり、そこに立てられたポッキーを取り、運び、箱に入れることが競技課題です。 3分間の試合時間内にワーク(ポッキー)に傷をつけることなく箱に入れた個数で勝敗を決めます。 試合において、フィールドには同時に2つのチームのロボットが向かい合って競技を行います。 自分のチームのエリア、相手チームのエリア、さらに共通エリアがあり、共通エリアにおかれたワークは両チームともに獲得することが許されています。 そのため、試合が始まると、まずいかに早く共通エリアのワークを獲得するかの争いになるため、スピードも勝敗を分ける大きな要素となります。
機械研は、かのNHKロボコンも目指していませんし、他の大学に比べて専業化もしておらず、人数も少ない。そして大きなロボットをつくる経験も余りありません。 3回生2人、2回生3人のチームで勝つために、我々が他の強豪に勝ちうる点があ…

マイクロマウス中部地区初級者大会

イメージ
9月1日に名古屋にてマイクロマウス中部地区初級者大会が行われました。
機械研からはトレース2台、マイクロマウスハーフサイズ1台が参加し、全員完走しました。


トレースに参加したのは両方1回生。大学に入って5カ月、夏休みも有効活用し本番でもしっかり動くロボットを作りました。動画がありますのでご覧ください。




また、マイクロマウスハーフサイズは4回生が参加。こちらは競技後に別で撮った動画があります。


大会に参加すると普段大学で活動しているだけでは感じられない様々な発見があり、メンバーにとってもいい刺激になりました。


(y.m)