レスコン回路の構成



来年のレスコン回路の構成が決まりそうです。

とりあえずI2Cのテストがうまくいったので、I2Cをモジュール間の通信に用いた回路の構成をまとめてみました。

I2Cの通信線にDCモーターのノイズが乗るのを防ぐためにフォトカプラでモータードライバを電気的に遮断しました。
そのため、GNDはDCモーター系と回路・サーボ系の2つを用意し、フォトカプラの光信号をモータードライバ側で受けとるためにDC-DCコンバータでDC用バッテリー(24v)から5vを用意してあります。
また、サーボの消費電流が大きくなると考えられるので、サーボ用バッテリー(6v)から6vを用意してあります。

G1:回路・サーボ用GND
G2:DCモーター用GND

5V①:回路用
5V②:フォトカプラ用
6V③:サーボ用
24V:DCモーターラ用

バッテリーは
・回路用(7.2v)...(エネループ*6)*1
・サーボ用(6v)...ラジコンバッテリー*1
・DCモーター・フォトカプ用(24v)...(エネループ*6)*3
の3種類を用いる予定です。

(fe)

コメント

このブログの人気の投稿

自作磁気式ロータリエンコーダ

キャチロボ2016

部内ロボコン2016