レスコン1号機足回り試作


1号機の足回りはかつての双腕のものを流用する予定でしたが、路上ガレキが変更されて車高が足りないことに気付いたので新たに作ることにしました。
タイヤとモーターは同じものを使います。
この試作では押しばねによるサスペンションを採用しています。しかし、このままではベット位置が高くなりすぎるので、モータを使って車高もしくはベットの高さを変えられるようにするつもりです。

(fe)

コメント

このブログの人気の投稿

自作磁気式ロータリエンコーダ

部内ロボコン2016

キャチロボ2016