知能ロボコン08














今年も知能ロボコンにむけて作業が急ピッチで進んでいます。今週末には大会があるので慌しいですが、ラインセンサやカラーセンサをはじめステッピングモータ等々の動作確認がほぼ終わり、大会に沿う形でのプログラミング調整が始まりました。
写真は1回生(上2台)と2回生(下1台)のマシンです。作業風景も写してみました。みんな真剣です。
1回生はボールをまとめて取り込み、マシンの内部で色を識別、まとめてゴールへ運びます。2回生は1個ずつボールをつかみゴールへシュートします。大型マシンと小型マシンの対比も面白いですが、1回生マシンは2台あり2台とも全く違う仕組みでボールを回収するところも魅力です。

(zano)

コメント

このブログの人気の投稿

自作磁気式ロータリエンコーダ

部内ロボコン2016

キャチロボ2016