山のようなプーリ












レスコンに向けて今日も少しずつ前進しています。
写真は肩の部位をアップにして写したものです。
ワイヤーで動力を伝達するので各関節の軸にプーリがあることは前回の写真にも載っていますが、そのプーリ同士をつなぐのに小プーリを適所に配置しなくてはなりません。荷重がかかるのでベアリングをはめ込んであり、真鍮は棒から旋盤で削って作っています。まだまだ精度が出なく、実際に組み立てるとどこかが干渉するかもしれません。
お楽しみに。自分が一番楽しみですけどね。
(zano)

コメント

このブログの人気の投稿

自作磁気式ロータリエンコーダ

部内ロボコン2016

キャチロボ2016