レスコン 途中経過




今期のレスコンに向けて着々とロボットを作っています。去年と同じでマスタースレイブですが一部の関節を動かすのにワイヤ(釣り糸)で引っ張り動かします。
ワイヤがスムーズに伝わるように駆動部にプーリを取り付けていきますが、大きなプーリが大量に必要になるので自作することになりました。穴があけてあるのはかっこいいからです。軽量化よりもかっこよさを念頭に作りました。機械屋を担当してると自由に工夫が出来て面白いものです。
(zano)

コメント

このブログの人気の投稿

自作磁気式ロータリエンコーダ

部内ロボコン2016

キャチロボ2016