NF2016 



お久しぶりです。web係のMです。
今年は11月19日から11月22日までの開催で機械研はロボットの展示を行い、大変多くの方に来て頂き、盛況のうちに終えることができました。
初日の様子です。
さすがに開けて午前10時から来られる方は少なかったですが、土曜日だったこともありお昼ごろにはたくさんの方がこられていました。



初日の様子

今年は事前の準備が万端だったこともあり、ufoが初日から無事動いてくれました。
展示物の紹介を行っていきたいと思います。

①キャチロボ機体
 今年のキャチロボ出場機体です。NF展示用に単機操縦に作り替えられました。

②イライラ棒
 例年は鬼難易度でしたが、今年はなぜか簡単に..クリア者が続出(例年比)しました。と言っても10人いたかどうかというレベルですが。

③ガトリング砲
 1回生製作。ガトリングの機構を再現したものです。一切電子回路を用いずに回転だけで連続発射できるというすばらしい作品です。
④ライントレーサー
 毎年一回生に新入生の練習としてつくってもらっているロボットの展示です。
⑤自作CPU
 1回生製作。裏の配線がすごいことになっていました。

⑥ロボットアーム
 3回生が製作しました。サーボによる関節を組み合わせてロボットアームを作ってものをつかみます。
⑦画像認識ロボットpepa
 4回生製作。赤いものをカメラで認識して追尾します。

 私は今年はUFOの運営をしてあまり機械研の展示自体のほうには参加することはできなかったため写真を撮るのを忘れてしまったものが多いです。すみません。
 UFOキャッチャーのことについて書いていこうと思います。


今年のUFOキャッチャーです。前日から無事に動いてくれてよかったです。今年もたくさんの方に興味を持っていただき、ufoの集客力はすごいなと思いました。後ufoの動作時間としては最長を記録したのではないかと思います。


今年も無事NFを終えることができました。ではこの辺で....

コメント

このブログの人気の投稿

自作磁気式ロータリエンコーダ

部内ロボコン2016

キャチロボ2016