レスコンマシン「ピボッ太」始動!

機械研では現在、地震災害現場に模したフィールドで被災者に模した人形であるダミヤンを救出する速さ、正確さ、優しさを競う大会レスキューロボットコンテスト(通称レスコン)にむけてロボットを作っています。

機械研のチームからは三台のロボットが連携して救出作業を行う予定ですが、今日はそのうちの一台である、2号機「ピボッ太」を紹介します。


このロボットは下図のように4輪駆動でフィールドを移動し、円筒座標系で先端位置を決めることができるアームでガレキの除去、ダミヤンの救助を行います。





実物は下の写真のような感じです。スケールとして一緒に写っている市販の500mlペットボトルと比べていただくと、そこそこ大きいのがお分かりいただけるかと思いうます。






まだ未完成ですが、7月の予選に向けて頑張って作っていこうと思います。


(y.m)

コメント

このブログの人気の投稿

自作磁気式ロータリエンコーダ

部内ロボコン2016

キャチロボ2016