旋盤修理

旋盤の心押軸が硬くてハンドルを回そうにも動かなくなってしまいました.今まで度々固まっていましたが,分解,清掃,組み立てを繰り返してだましだまし使っていました.今回はもう少し根本的解決を簡単にできる方法で試みました.



とりあえず,分解する.



上の写真中左2つの部品はがたつきなく横移動する精密部品のはずですが...けっこう傷がついていました.



そりゃあ引っかかるわけですね.その状態で無理やりハンドルを回すもんだから状況は悪化するわけで.素人が手を出すのはちょっとリスクがありましたが,動かないより良い,ということでやすりがけ.



ブロックの内側にも指を突っ込んでやすりがけ.あまりやりすぎないように気を付ける.


ブロック内部はわかりませんが,軸側はこんなもんでしょうか.もとがどれくらいかわかりませんが.


これで,ほどよくスライドするようにはなりましたが,ときどき引っかかる.なぜだ?溝がガタガタだ.無理やりハンドルを回したせいだと思いますが,修復不能なレベルで溝がえぐれていました.さすがに面倒見きれないのでここは少し滑らかにした程度で妥協する.ですので,これが引っかかるとハンドルが固まりますが,その際は無理に回さず,溝側面とブロック内の突起が触れないように軸を少し回してください.


あとは組み立て...とはいかない.次の写真のように組み立てたいのですが...


ねじが...もうねじではない...


とりあえず,これもその場しのぎ的にダイスでねじを切り直す.


当然ねじ山が元に戻ることはありませんが,溝に埋まったクズを取り除くことはできたかと.そもそも軸が曲がってしまっていますので交換した方がいいのでしょうが.


これで,使えるレベルまで戻りました.

以上,加工の前には機械の修理.な機械硏の日常でした.
(kojima)

コメント

このブログの人気の投稿

自作磁気式ロータリエンコーダ

部内ロボコン2016

キャチロボ2016