NF08







今年も11月祭、通称NFで機械研は屋内展示を行いました。

 前進、旋回、後退の3パターンを駆使して得点を競う赤外線通信のロボや、蛇の動きを再現して前進するロボ、ヘリコプター、テルミン、ライントレーサー。
 さらにLEDを自転車ホイールに装着させ、回転に合わせて文字模様を表したり、これぞロボットといった2足ロボが踊ったりしましたし、ミニ四駆の大きさでステアリングを切るライントレーサーも輝いて走っていました。
 さらにさらに、レスキューロボットコンテストでは不甲斐ない結果に終わってしまったマスタースレイブも稼動しましたし、入り口近くにはモーターの原理を展示し子供にも気軽に展示を楽しめるようになってました。例年入り口の番犬となっているBuCUEも今年はキャタピラで動き回りました。

 子供だけでなく大人までも熱中してしまうイライラ棒は今年も製作。一味違う今年のイライラ棒はクリア者が1名のみに留まるという難易度に。今年はなんだかんだ言って展示するものが多く、うれしい忙しさでした。(今年はなぜか怪人アノマロカリスも出現しました)

長々と書き連ねましたが、言葉だけでは全然伝わらないと思いますので、興味もたれた方は来年のNFをお楽しみに。

 ただ2,3回生の作品は少なかったのが反省点。製作途中が多くお披露目には至らなかったです。来年は計画的に動きたいものです。

(zano)

コメント

このブログの人気の投稿

自作磁気式ロータリエンコーダ

部内ロボコン2016

キャチロボ2016