08レスコンに向けて



毎年神戸で行われているレスキューロボットコンテストに今年も参加します。画像はそのロボットのアイディア図で、ここから設計を煮詰めていきます。使用する部品(ベアリングや歯車など)が決まったので、これからどんどんロボットを組み上げていこうと思います。

左のロボットの主な特徴は可動式のキャタピラにおける瓦礫道でも難なく乗り越える走破性であり、右はマスタースレイブによる操作と腕先の交換です。

(zano)

コメント

このブログの人気の投稿

自作磁気式ロータリエンコーダ

キャチロボ2016

部内ロボコン2016