マウスのシーズン

思いつきでブログを更新.

マウスのハードウェアをつくるときに注目するのは,重心高さと中心軸まわりの慣性モーメントである.
ターン時の挙動を式で表現できないことと摩擦力というものがいまいちよくわからないために,重心か慣性モーメントかどちらを優先して設計すればよいか決定できない.

今年は低慣性モーメントマウスを試す.
低重心マウスはもはや試す必要はない気がするし.

スラロームの基本は,クロソイド→円弧→クロソイド,と思う.ただこれはかなり厄介で旋回速度に対する最適な角加速度を計算で求められない(今のところは)のでターンごとに経験的に決定するしかない.かなり面倒な上にどれだけ調整しても満足できる値が得られない.

コメント

このブログの人気の投稿

自作磁気式ロータリエンコーダ

キャチロボ2016

部内ロボコン2016