その名は“ラジコーン”!

こんにちは。
前回の記事で紹介したロボット、今回はその全容を明らかにしましょう。

その名は“ラジコーン”!
動いている動画がこちら。



そう、ラジオコントロール+ロードコーン→ラジコーンです。
中に小人さんが入っていると思ってもらうと愛着も増すかもしれません。
本来動かないものを動かしてみたくなったのです。

動画を見ていただくとわかるとおり、向きを変えずに全方向に動くことができます。
オムニホイールやメカナムホイールといった特殊なタイヤを使うと簡単に全方向移動をすることができるのですが、今回はあえて違う機構を用いて制作してみました。
メリットとしては低コストなことでしょうか。
スプロケットは必要ですが、オムニホイールに比べれば安価で済みます。

しかしまだ動きにくい角度や、方向転換に時間がかかることなど、改善点はたくさんあります。
いずれもっと進化したラジコーンをお見せすることができるかもしれませんね。

ちなみに、ラジコーンには“赤いラジコーン”と“黄色いラジコーン”の二つがあります。
たまに昼休みに京都大学の総人広場と呼ばれるところで動かしていますので、見かけたら温かく見守ってやってください。

また、4月中は毎週金曜日、土曜日に新歓の説明会を開いております。
金曜日は18時30分に、土曜日は13時30分に時計台前に集合です。
興味のある方はぜひお越しください。

コメント

このブログの人気の投稿

自作磁気式ロータリエンコーダ

キャチロボ2016

部内ロボコン2016