第7回レスキューロボットコンテストに出場しました

7/8(日)に、神戸のサンボーホールで開催された第7回レスキューロボットコンテストに出場いたしました。チーム名はK.U.R.C.[Kyoto University Robotics Creators]です。結果は現場到着で10点を獲得し、危ういながらもチャレンジ枠にて無事本選進出となりました。応援してくださった方々、ありがとうございます。

■各機体の報告
○[1号機]ザノ

救助したダミヤンを運搬するためのロボットです。ダミヤン用ボックスがx,y軸に自由に動き、ダミヤンを確実に受け渡します。予選では足回りが不調で思うように動けませんでしたが、本戦には調整を完璧にしてもっていきます。


○[2号機]ムゥ・ラ・ナーガ

ダミヤンを大きなアームで救助するロボットです。今回ダミヤンのいる場所まで到着し(現場到着)10ポイントをゲットしました。しかし時間切れでダミヤンを救助するにはいたりませんでした。本戦では回路等の調整はもちろん、アームなど機械的な部分も考えうる限りの改良をして見事ダミヤンを救助したいものです。


○[3号機]モリシム

会場でも注目を浴びてしまった、上半身マスタースレーブ式の機体です。レスキュー活動の障害となるフィールド上のガレキを除去するのが主な役割です。前回も出場しましたが、今年はマスター・スレーブともに機体・回路を大幅に変更して挑戦しました。調整期間中はちゃんとマスタースレーブらしき操縦ができていたのですが、直前になって回路不備が発生し、足回りなどに急遽改造を加えた結果無理が出てしまい、予選では思い通りのパフォーマンスができませんでした。本選では元気にレスキューしている姿を何とかお見せしたいと思います。(s@tzz)

■今後の意気込み
7月は試験期間に突入し、メンバーもてんやわんやといったところですが、本選レベルのレスキュー活動を行うにはまだまだ程遠い状態なので気合を入れて調整していく所存です。

本選は8/10(金),11(土),12(日)に同会場にて開催されますので、ぜひ足をお運び下さい。
当日に予定のある方も、引き続きご声援をいただければありがたいです。

コメント

このブログの人気の投稿

自作磁気式ロータリエンコーダ

キャチロボ2016

部内ロボコン2016